ヘルメット

SUPは、水面に立ち上がっている分だけ、余計にカヤックなどと比べて転落時の衝撃も大きい。ホワイトウォーターに出るときは必ず被ること。

 

 ウォータースポーツ用のものがライナーに水が溜まらないので良い。見た目で選ばずにフィットしてズレないものを選ぶ。


必ずしもフルカットである必要はないが、サイドからのインパクトに備えて、耳の辺りまである程度カバーするものが望ましい。

 

 川の水流は、ものすごい力でヘルメットを引き剥がそうとするので、あごヒモを調節してしっかりと着用する。岩や流木に頭を打ち付けて、気を失うと顔が水中に没してしまい呼吸ができず溺死に繋がる。

当ホームページ内のコンテンツは、筆者個人の見解又は意見に基づくものです。掲載のスキル、フィールド、装備、安全対策及びその他情報は、あくまで閲覧者の個人利用のために供されるもので、商用含めその他目的のためのものではありません。特定のスクールやガイドツアーや物品販売等の商業活動、特定の商品の購入に関する勧誘又は誘引するものではありません。アクティビティを実行する可否判断の目的で使用することは適切ではなく、特定のフィールド、環境、状況に関するいかなる勧告もしません。当ホームページの情報が、販売業者や、ガイド、アウトフィッター、警察、消防、海上保安庁、国土交通省や自治体、あるいはレスキューなどの有資格者の助言に代わるものではありません。

テキスト・写真など無断転載を禁じる

All Rights Reserved

JAPAN RIVER SUP ASSOCIATION

日本SUP振興会
日本SUP振興会