ヘルメット

SUPは、水面に立ち上がっている分だけ、余計にカヤックなどと比べて転落時の衝撃も大きい。ホワイトウォーターに出るときは必ず被ること。

 

 ウォータースポーツ用のものがライナーに水が溜まらないので良い。見た目で選ばずにフィットしてズレないものを選ぶ。


必ずしもフルカットである必要はないが、サイドからのインパクトに備えて、耳の辺りまである程度カバーするものが望ましい。

 

 川の水流は、ものすごい力でヘルメットを引き剥がそうとするので、あごヒモを調節してしっかりと着用する。岩や流木に頭を打ち付けて、気を失うと顔が水中に没してしまい呼吸ができず溺死に繋がる。

リバーSUPは自然の中で行うアクティビィティです。怪我や事故、最悪の場合なは死亡に至るリスクがあります。当ホームページ内のコンテンツは、当協会独自の見解に基づくものです。掲載しているスキル、フィールド、装備、安全対策などの情報は、閲覧者の個人利用のために供されるものです。リバーSUPを実施するための判断は、フィールドに詳しいガイドやアウトフィッター、販売店などの助言に従って、ご自身で行ってください。有事の際は、警察、消防、国土交通省、海上保安庁などの公的機関、あるいはレスキューなどの有資格者の指示に従って行動してください。


テキスト・写真など無断転載を禁じる

All Rights Reserved

日本リバーSUP協会

日本SUP振興会
日本SUP振興会