パドル

パドルブレードの水を掻く側をパワーフェイスまたは表側、反対側をバックフェイスまたは裏側と呼ぶ。リバーSUPでは、ブレード先を岩にぶつけたり突いたりと、ハードな使用になりがちなので、なるべく丈夫なものが良い。

 

エントリークラスのものの中には、ブレードがプラスチック、シャフトがグラスファイバー製で、タフながら結構軽量な優秀なものもあり、リバーには丁度よい。

フィーリングを重視してもう少し良いものを使用したい場合には、ケブラ―やダイナルなど強度の高い素材の選択肢もそれなりに存在する。

ただし、泳いだときに流失してしまう可能性も大いにあるので、あえて高価なものを選ぶ理由はないだろう。

 

ブレードの大きさとしては、525cm2位のものが平均的だが、これは好みの問題である。

パドルの長さとしては、ホワイトウォーターはサーフィン同様に短めで、身長プラス1825㎝といったあたりが取り回しやすく(筆者は身長プラス18㎝を使用)、のんびりツーリングがメインであればそれよりも長めのほうがよいが、これも好みの問題。

 

アジャスタブルよりも1ピースが使用感に優れるが、電車・バスの利用を想定している場合は、2ピース、3ピースも選択肢に入るだろう。

 

ちなみにパドルリーシュのホワイトウォ―タ―での使用は安全性の観点から控えるべき。また、パドルの流失を防ぐためにはシャフトにフォーム材で浮力を付けてやると沈みにくくなり、後で発見しやすくなる。

当ホームページ内のコンテンツは、筆者個人の見解又は意見に基づくものです。掲載のスキル、フィールド、装備、安全対策及びその他情報は、あくまで閲覧者の個人利用のために供されるもので、商用含めその他目的のためのものではありません。特定のスクールやガイドツアーや物品販売等の商業活動、特定の商品の購入に関する勧誘又は誘引するものではありません。アクティビティを実行する可否判断の目的で使用することは適切ではなく、特定のフィールド、環境、状況に関するいかなる勧告もしません。当ホームページの情報が、販売業者や、ガイド、アウトフィッター、警察、消防、海上保安庁、国土交通省や自治体、あるいはレスキューなどの有資格者の助言に代わるものではありません。

テキスト・写真など無断転載を禁じる

All Rights Reserved

JAPAN RIVER SUP ASSOCIATION

日本SUP振興会
日本SUP振興会