パドル

パドルブレードの水を掻く側をパワーフェイスまたは表側、反対側をバックフェイスまたは裏側と呼ぶ。リバーSUPでは、ブレード先を岩にぶつけたり突いたりと、ハードな使用になりがちなので、なるべく丈夫なものが良い。

 

エントリークラスのものの中には、ブレードがプラスチック、シャフトがグラスファイバー製で、タフながら結構軽量な優秀なものもあり、リバーには丁度よい。

フィーリングを重視してもう少し良いものを使用したい場合には、ケブラ―やダイナルなど強度の高い素材の選択肢もそれなりに存在する。

ただし、泳いだときに流失してしまう可能性も大いにあるので、あえて高価なものを選ぶ理由はないだろう。

 

ブレードの大きさとしては、525cm2位のものが平均的だが、これは好みの問題である。

パドルの長さとしては、ホワイトウォーターはサーフィン同様に短めで、身長プラス1825㎝といったあたりが取り回しやすく(筆者は身長プラス18㎝を使用)、のんびりツーリングがメインであればそれよりも長めのほうがよいが、これも好みの問題。

 

アジャスタブルよりも1ピースが使用感に優れるが、電車・バスの利用を想定している場合は、2ピース、3ピースも選択肢に入るだろう。

 

ちなみにパドルリーシュのホワイトウォ―タ―での使用は安全性の観点から控えるべき。また、パドルの流失を防ぐためにはシャフトにフォーム材で浮力を付けてやると沈みにくくなり、後で発見しやすくなる。

リバーSUPは自然の中で行うアクティビィティです。怪我や事故、最悪の場合なは死亡に至るリスクがあります。当ホームページ内のコンテンツは、当協会独自の見解に基づくものです。掲載しているスキル、フィールド、装備、安全対策などの情報は、閲覧者の個人利用のために供されるものです。リバーSUPを実施するための判断は、フィールドに詳しいガイドやアウトフィッター、販売店などの助言に従って、ご自身で行ってください。有事の際は、警察、消防、国土交通省、海上保安庁などの公的機関、あるいはレスキューなどの有資格者の指示に従って行動してください。


テキスト・写真など無断転載を禁じる

All Rights Reserved

日本リバーSUP協会

日本SUP振興会
日本SUP振興会