スローバックとレスキューギア

流水に出るのであれば、最低限のレスキューギアとして、スローバック、リバーナイフ、ホイッスル、安全環付きカラビナを必ず携行すること。

 

リバーナイフは波刃のもので、緊急時にロープをカットするためのものだが、場合によってはボードの切断に使うことも。ホイッスルは、中に玉の入っていないウォーターレスキュー用のもの。いずれもPFDに取り付けて、どんな状況でもすぐに取り出せるようにしておく。

 

安全環つきカラビナは、クライミング用のスクリューロックタイプで良い。

 

 スローバックは、巾着状のバッグにロープをコンパクトに収納したもの。流れのある川で使用するなら20m以上のものが望ましい。中のロープは、水に浮くフローティングロープを使用したもので、ロープの構造や芯材の材質により、太さと強度に違いがある。ダイニ―マ(R)などを芯材に使用したものは、細くてコンパクトなのに強度が高い。SUPのデッキコードに固定しておくより、スローバック用のウエストベルトがあるので、それで腰に装着しておくといざという時に素早く取り出せる。もちろん、練習して使い方を身につけること。

ロープを携行する場合は、必ずナイフをセットに携行すること。絡まった締まった場合の解除方法は、切るしかない場合が多い

 

当ホームページ内のコンテンツは、筆者個人の見解又は意見に基づくものです。掲載のスキル、フィールド、装備、安全対策及びその他情報は、あくまで閲覧者の個人利用のために供されるもので、商用含めその他目的のためのものではありません。特定のスクールやガイドツアーや物品販売等の商業活動、特定の商品の購入に関する勧誘又は誘引するものではありません。アクティビティを実行する可否判断の目的で使用することは適切ではなく、特定のフィールド、環境、状況に関するいかなる勧告もしません。当ホームページの情報が、販売業者や、ガイド、アウトフィッター、警察、消防、海上保安庁、国土交通省や自治体、あるいはレスキューなどの有資格者の助言に代わるものではありません。

テキスト・写真など無断転載を禁じる

All Rights Reserved

JAPAN RIVER SUP ASSOCIATION

日本SUP振興会
日本SUP振興会