ウエアとレイヤリング

温かい季節でも川や深い湖は水温が低い。気温と水温のギャップに合わせて、季節に応じた快適なウエアをレイヤリングすることが必要。濡れると冷えてくるが、それをカバーするために消費されるカロリーが体力をどんどん奪っていく。濡れ冷え防止と外気からの保温が最優先となる。カヌー・カヤックなどパドルスポーツ用ウエアリングをベースに最適なものを選びたい。

 

 

 基本的なパターンを以下のように提案する。

 

1)ベースレイヤーには、ラッシュガードや吸汗拡散インナーなどを着用。また、前述と同じく耐久撥水加工を施して、水分を含みにくく濡れ冷えを防ぐ、優れものも存在する。

 

2)ミッドレイヤーで水や外気の冷気を遮断し、体温を逃がさないように保温する。薄手のウエット上下は保温性が高いが、ラバーの弾力が動きづらく、常に内側が濡れている状態になるので長時間の着用では疲れてしまう。フリースや起毛素材にラバーコティングを施したパドルスポーツ用インナーでも良い。また、耐久撥水加工を施した水分を含みにくい優れたものもある。

 

3)アウターにパドリング用の防水透湿生地のシェルを着用する。春秋はパドリングジャケット&パンツ、冬期はドライスーツである。

 

夏場の気温・水温ともに高い時期は、アウターを着用せず、ラッシュガードにボードショーツといったウエアリングでも良い。日焼け止め、ケガ防止の必要から、状況によっては長袖を着用することも多い。

 

頭は、春~秋はハット、冬はニット帽。ホワイトウォーターではもちろんヘルメットだが、冬期にはその下にネオプレンなどのキャップで保温する。シューズも冬はウエットソックスを着用すると防寒効果がアップする。手には怪我や日焼け防止にグローブを着用しても良い。冬場は保温用にネオプレングローブが有効である。

当ホームページ内のコンテンツは、筆者個人の見解又は意見に基づくものです。掲載のスキル、フィールド、装備、安全対策及びその他情報は、あくまで閲覧者の個人利用のために供されるもので、商用含めその他目的のためのものではありません。特定のスクールやガイドツアーや物品販売等の商業活動、特定の商品の購入に関する勧誘又は誘引するものではありません。アクティビティを実行する可否判断の目的で使用することは適切ではなく、特定のフィールド、環境、状況に関するいかなる勧告もしません。当ホームページの情報が、販売業者や、ガイド、アウトフィッター、警察、消防、海上保安庁、国土交通省や自治体、あるいはレスキューなどの有資格者の助言に代わるものではありません。

テキスト・写真など無断転載を禁じる

All Rights Reserved

JAPAN RIVER SUP ASSOCIATION

日本SUP振興会
日本SUP振興会