リーシュのライジャケへの取付け

リバーSUPでは安全上の理由で、リーシュはすぐに切り離せるように装着すします足首やひざなど体に直接装着せず、ライフジャケットの背面または側面に取付けます。

 その際、クイックリリースハーネス付きのライジャケの場合は、ハーネスのベルトにリーシュの足首/ひざを通す輪をそのまま通します。

 もしくは、ハーネス自体に何らかのクイックリリース機能がついたものであれば、ライジャケのサイドアジャストストラップ(脇の調節ベルト)に取付けてもよいでしょう。

 使用前に、リーシュを軽く引っ張りながら、クイックリリースを開放して、スムーズにリーシュが切り離せるか、必ず確認しておきましょう

!!!注意!!!リーシュの装着は自己責任で判断し実施してください

ライジャケのクイックリリースハーネスのバックルを開放すると・・・

ハーネスのベルトが抜けて、リーシュを切り離すことができる。

ライジャケの背面に取り付け

 

リーシュの輪をクイックリリースハーネスのベルトに通している

 (写真とは異なり、カラビナやステンレス等のリングを介してハーネスのベルトに通してください)

 ライジャケのサイドに取り付け


リーシュの輪をクイックリリースハーネスのベルトに通している

リバーSUPは自然の中で行うアクティビィティです。怪我や事故、最悪の場合なは死亡に至るリスクがあります。当ホームページ内のコンテンツは、当協会独自の見解に基づくものです。掲載しているスキル、フィールド、装備、安全対策などの情報は、閲覧者の個人利用のために供されるものです。リバーSUPを実施するための判断は、フィールドに詳しいガイドやアウトフィッター、販売店などの助言に従って、ご自身で行ってください。有事の際は、警察、消防、国土交通省、海上保安庁などの公的機関、あるいはレスキューなどの有資格者の指示に従って行動してください。


テキスト・写真など無断転載を禁じる

All Rights Reserved

日本リバーSUP協会

日本SUP振興会
日本SUP振興会