ストリームアウト

  本流からエディへ入る操作。瀬下りでは、細かくエディをキャッチしながら、行く先を確認してルートファインディングしながら進んでいく。目標のエディへ、あらかじめ弧を描いた軌道を描いて侵入する。その弧の頂点にはエディラインが来るようを設定。ターンの内側にしっかりリーニング(ボードを傾け)ないと、本流とエディの流れの差でエッジを取られ容易にフリップさせられてしまう。

  1. 本流を下りつつ入りたいエディを見定める。
  2. 本流のスピードに乗ったまま、目標のエディの上流寄り(エディを作り出している岩の少し下)へ向かって斜めに侵入していく。
  3. エディラインを跨ぐ直前、次のクローズドフェイスドローのきっかけとして、ターン外側に小さくフォワードスイープをかけノーズを振る。この際、ターンの内側のレールにしっかり加重しボードを傾ける。
  4. クローズドフェイスドローを入れ、エディラインを跨ぎエディの中に入るノーズを上流へ向けつつエディ最上部へ上がる。

ストリームイン

 エディから流れへ出る操作。流れのないところから急激に流速がかかるので、ターンの内側にしっかりリーニング(ボードを傾け)ないと容易にフリップさせられてしまう。

  1. エディの最上部へフォワードストロークでスピードを上げて接近。
  2. エディの上流側端から斜めの軌跡を描いてアウトしていく。ターンの外側に小さなフォワードスイープをかけ、ノーズを振って、次のクローズドフェイスドローのきっかけとする。この際、ターンの内側のレールにしっかり加重しボードを傾ける。
  3. エディラインを跨いでボードは真横を向いて本流に入っていく。同時にクローズドフェイスドローを入れる。
  4. クローズドフェイスドローをそのまま保持すると、下流に向いて弧を描くターンと同時に、本流の流れをパワーフェイスで受け止め、フォワードストロークをする、流れのスピードまで加速させる事ができる。

当ホームページ内のコンテンツは、筆者個人の見解又は意見に基づくものです。掲載のスキル、フィールド、装備、安全対策及びその他情報は、あくまで閲覧者の個人利用のために供されるもので、商用含めその他目的のためのものではありません。特定のスクールやガイドツアーや物品販売等の商業活動、特定の商品の購入に関する勧誘又は誘引するものではありません。アクティビティを実行する可否判断の目的で使用することは適切ではなく、特定のフィールド、環境、状況に関するいかなる勧告もしません。当ホームページの情報が、販売業者や、ガイド、アウトフィッター、警察、消防、海上保安庁、国土交通省や自治体、あるいはレスキューなどの有資格者の助言に代わるものではありません。

テキスト・写真など無断転載を禁じる

All Rights Reserved

JAPAN RIVER SUP ASSOCIATION

日本SUP振興会
日本SUP振興会