スタンス

状況によって3つのスタンスを使い分ける。全てに共通することだが、ターンする時は、体の向きを行きたい方向へ捻ると、体幹の捻りの力がボードに加わり、効果的なターンができる。

パラレルスタンス:

体を正面に向け、足をボードのほぼ中央で左右に開く。

静水や瀞場で効率の良い漕ぎができる。軽い瀬であれば腰を少し落とすことで脚のサスペンションを活かすと問題無く下れる。

オープンスタンス:

パラレルスタンスとサーフィンスタンスの融合形。パラレルスタンスの姿勢のまま、足を前後にも軽く開く。
強い瀬を突破するには、オープンスタンスかサーフィンスタンスで、好みによって使い分けると良い。

サーフィンスタンス:

体をやや横向きに。足は前後に開き、足先はどちらかのレールへ向ける。

サーフィン以外に、ドロップをブーフで飛び越えたり、バックウォッシュを突破する時にも有効。前後の体重移動に強いスタンス。

当ホームページ内のコンテンツは、筆者個人の見解又は意見に基づくものです。掲載のスキル、フィールド、装備、安全対策及びその他情報は、あくまで閲覧者の個人利用のために供されるもので、商用含めその他目的のためのものではありません。特定のスクールやガイドツアーや物品販売等の商業活動、特定の商品の購入に関する勧誘又は誘引するものではありません。アクティビティを実行する可否判断の目的で使用することは適切ではなく、特定のフィールド、環境、状況に関するいかなる勧告もしません。当ホームページの情報が、販売業者や、ガイド、アウトフィッター、警察、消防、海上保安庁、国土交通省や自治体、あるいはレスキューなどの有資格者の助言に代わるものではありません。

テキスト・写真など無断転載を禁じる

All Rights Reserved

JAPAN RIVER SUP ASSOCIATION

日本SUP振興会
日本SUP振興会