クローズドフェイスドロー

 ブレードにヨットの「キール」と「マスト」の働きを同時に行わせる。その事でスピードを落とさずにスムーズにターンすることを可能にする。これを身に付けた後、ターンは「インサイドにパドルを入れる」原則に変わる。

  1. 十分スピードに乗ったままターンを開始。極めて短いバックスイープを入れターンするきっかけを作る。ボードはターン内側に軽く傾ける。同時に体の向きはターンの内側へ、顔と視線を進行方向へ向ける。
  2. ターン内側へ体を向けたまま、レールから50cmほど離した体の真横辺りに、クローズドフェイス(ブレードのバックフェイスを斜め前方、パワーフェイスを斜め後方へ向ける)でブレードを入れる。
  3. そのままクローズドフェイスを保持しつつ斜め前方にブレードを引き寄せる。このことで、バックフェイスへぶつかる水が反射してターンの力を、パワーフェイスにぶつかる水が後方へ押し出され、推進力を生み、円弧の軌道を描きつつ、失速することなくターンする。

当ホームページ内のコンテンツは、筆者個人の見解又は意見に基づくものです。掲載のスキル、フィールド、装備、安全対策及びその他情報は、あくまで閲覧者の個人利用のために供されるもので、商用含めその他目的のためのものではありません。特定のスクールやガイドツアーや物品販売等の商業活動、特定の商品の購入に関する勧誘又は誘引するものではありません。アクティビティを実行する可否判断の目的で使用することは適切ではなく、特定のフィールド、環境、状況に関するいかなる勧告もしません。当ホームページの情報が、販売業者や、ガイド、アウトフィッター、警察、消防、海上保安庁、国土交通省や自治体、あるいはレスキューなどの有資格者の助言に代わるものではありません。

テキスト・写真など無断転載を禁じる

All Rights Reserved

JAPAN RIVER SUP ASSOCIATION

日本SUP振興会
日本SUP振興会