日本リバーSUP協会について

2018年4月から、愛好者の方へのサポート強化のため、新しい会員制度(入会金込み年会費5,000円)をスタートします。会員の方には、ワークショップの特別料金以外にも、イベントの参加資格などの優遇制度をご用意いたします。

私たちは、
の流水を中心としたフィールドでの
スタンドアップパドルボード(リバーSUP)の
普及と発展を支援する非営利の任意団体です
 
名称:日本リバーSUP協会
ヨミ: ニホンリバーサップキョウカイ
English: River SUP Association of Japan
略称: RSA
 
■ミッション■
・リバーSUPの普及と愛好者の拡大
・安全と技術に関する啓蒙活動と研究
・指導者の育成
・適切な道具・技術を供給する事業者の支援
 【設立の趣旨】
 リバーSUP(リバーサップ)とは、スタンドアップパドルボードでリバーツーリングやホワイトウオーターと呼ばれる急流下り、リバーサーフィンなどを楽しむアクティビティです。当協会はリバーSUPによる活動の普及・啓蒙を目的として設立された任意団体です。
 当協会では、愛好者の拡大を目指すとともに、安全に楽しむための啓蒙やノウハウの構築を行ってまいります。
 
【連絡先】

日本リバーSUP協会

事務局:株式会社ラフタ
〒501-3703 岐阜県美濃市下河和372番地 

TEL:0575-36-5457 

email info@japanriversup.com
※まずはメールでコンタクトをお願いします。迅速な対応を心がけておりますが、ボランティアによる運営のため、返信までに時間を要する場合があります。 電話での対応をご希望される場合も、まずはメールにてご連絡をいただきますようお願いします。
 
【役員】代表理事:三宅 毅、理事:野村 直哉、平間和徳、本田光男、福島格、加藤康徳
 
入会、会の運営方針、定款などは、
左のメニューから選択してご参照ください。

リバーSUPは自然の中で行うアクティビィティです。怪我や事故、最悪の場合なは死亡に至るリスクがあります。当ホームページ内のコンテンツは、当協会独自の見解に基づくものです。掲載しているスキル、フィールド、装備、安全対策などの情報は、閲覧者の個人利用のために供されるものです。リバーSUPを実施するための判断は、フィールドに詳しいガイドやアウトフィッター、販売店などの助言に従って、ご自身で行ってください。有事の際は、警察、消防、国土交通省、海上保安庁などの公的機関、あるいはレスキューなどの有資格者の指示に従って行動してください。


テキスト・写真など無断転載を禁じる

All Rights Reserved

日本リバーSUP協会

日本SUP振興会
日本SUP振興会