川のグレーディング

スキルや装備、そして川のグレードがフィールド選択の判断材料だ。同じ川でも水量によってクラスは激変するため、以前下った川でも今回は大丈夫とは限らない。水位やダム放水量などの情報収集をしっかり行いたい。

 

国土交通省「川の防災情報」のホームページ、携帯サイトや、都道府県のサイト、電力会社のテレフォンサービスなどが利用でき、天気予報のアメダス降水量データと合わせて判断する。

インターナショナルスケールに基づき、リバーSUPの要因を加味して下記のようにまとめてみた。

 

クラス1: 

イージー。サザ波程度。ラインは素直で避けるべき障害物は無い。SUPでは足首に水をかぶる程度。初心者からリバークルージングを楽しめるクラス。 


クラス2:
ミディアム。瀬はやや激しくなる。ラインは素直だが、多少のスキルとそれなりの装備が必要。SUPではヒザまで水をかぶる程度。適度なスリルが味わえる。ホワイトウォーターSUPへの入り口。 


クラス3
ディフィカルト。波 が多くて高く不規則。岩などの障害物、エディ、ボイルが存在。ラインは狭いが比較的素直で高い操作能力が要求される。下る前のスカウ ティングと、ホワイトウォーター向けのボードと装備、スキルが必要。胸まで水をかぶり、落水することもしばしば。泳ぐことを前提として臨む必要があるが、 正しい知識と経験があればリスクを減らして楽しむ事ができる。 ホワイトウオーターSUPのメインとなるクラス。 


クラス4
非常に難しい。波は 高く不規則で、危険な岩、ボイルがある。はじめて下るときにはスカウティングが絶対必要で、例えスカウティングをしてもベストルートを 取ることは難しい。パワフルで正確な操作が求められ、エキスパートが最高の装備で臨むレベル。SUPでは泳ぐことが非常に多く、生命のリスクが高まるチャレンジングなクラス。

クラス5
極端に難しい。困難で長い暴力的な瀬。ほとんど切れ目無く瀬が続き、川底には障害物が多く、大きな落ち込み、猛烈な流れ、非常にきつい勾配を有し、瀬を構成する要素の多くは突破が困難でそれぞれが狭い範囲に存在。突破力に優れたリバーカヤックでも、ベストなライダーと状況に対応した装備が必要。あらゆる危険回避の予防措置やバックアップが講じられるべき。生命のリスクが非常に高い冒険的なクラス。


クラス6
降下不能。しかし、一部のホワイトウォーターカヤッカー達によって降下され、「アン・ラフタブル(ラフトでの降下不能クラス)」と再定義されつつある。もちろんSUPの降下は不能。

当ホームページ内のコンテンツは、筆者個人の見解又は意見に基づくものです。掲載のスキル、フィールド、装備、安全対策及びその他情報は、あくまで閲覧者の個人利用のために供されるもので、商用含めその他目的のためのものではありません。特定のスクールやガイドツアーや物品販売等の商業活動、特定の商品の購入に関する勧誘又は誘引するものではありません。アクティビティを実行する可否判断の目的で使用することは適切ではなく、特定のフィールド、環境、状況に関するいかなる勧告もしません。当ホームページの情報が、販売業者や、ガイド、アウトフィッター、警察、消防、海上保安庁、国土交通省や自治体、あるいはレスキューなどの有資格者の助言に代わるものではありません。

テキスト・写真など無断転載を禁じる

All Rights Reserved

JAPAN RIVER SUP ASSOCIATION

日本SUP振興会
日本SUP振興会