スイフトウォーター(流水)でのレスキューについて

瀬の中(動水、流水、スイフトウォーター)での、スイミングやロープレスキューなどのレスキュースキルは、基本的にカヌー、カヤック、ラフティングなどのパドルスポーツと同じである。落水が多いだけにレスキューが必要な機会は必然的に多くなるので、正しい知識と技術をしっかりと身につけよう。


 レスキューの第一原則はセルフレスキューである。泳いだら自助努力で復帰するのが基本。流れの中、他のメンバーからの助けを期待するのは難しい。

 

少しでも流れのある環境では、動水圧が発生する。この動水圧の危険性を十分に理解する。流れの中のログやシ―ブやアンダーカットロックなど危険箇所を確実に回避すること。浅い瀬でも、水中の障害物に足を挟んで外れなくなるフットエントラップメントの危険性もある。

 

 危険な状況に陥る前に、早い判断でボードやパドルをリリースすべき。リーシュが倒木に絡まって起きた死亡事故も海外では既に発生している。リーシュを使う場合には、PFDのクイックリリースハーネスや、何らかのリリース機構が付いたリーシュを用いることが前提である。仮に道具を流してしまっても、大抵は後で回収できる。自分自身の安全を最優先に確保する。

スローバック、ナイフ、ホイッスルは必携である。

スローバックはしっかりとした足場を確保して投げる。要救助者をキャッチした時のテンションに備え、他のメンバーに支えてもらうなど体制を整え、バック からロープを5~6m引出して効き腕と逆の手でしっかり握ったまま、効き腕でバック側を投げる。狙いは、要救助者に当てるくらいか少しだけ下流側が良い。 要救助者にバックを掴ませて、流れの力で要救助者を振り子のように振って岸へと引き寄せる。

使いこなすにはある程度の訓練が必要だが、十分できるように なっておくこと。但しこれがあるから万全というわけではない。他のレスキューのスキルについても積極的に学んで欲しい。

 

 大切なレスキュー哲学として、レスキュアーとして救助に臨むときの優先順位をここに記す。

 

1)自分の安全(セルフレスキュー・ファースト)

2)グループメンバーの安全(チームレスキュー・セカンド)

3)最後が要救助者の安全(ビクティムレスキュー・ラスト)

 

自分を危険にさらすギャンブル・レスキューは決して行ってはならない。

 

 RESCUE3JAPANのスイフトウオーターレスキューコースなどの講習・資格制度などのコースが提供されている。当協会ではホワイトウオーター出る前に、SRT-1もしくはそれに相当するスキルレベルを推奨している。

当ホームページ内のコンテンツは、筆者個人の見解又は意見に基づくものです。掲載のスキル、フィールド、装備、安全対策及びその他情報は、あくまで閲覧者の個人利用のために供されるもので、商用含めその他目的のためのものではありません。特定のスクールやガイドツアーや物品販売等の商業活動、特定の商品の購入に関する勧誘又は誘引するものではありません。アクティビティを実行する可否判断の目的で使用することは適切ではなく、特定のフィールド、環境、状況に関するいかなる勧告もしません。当ホームページの情報が、販売業者や、ガイド、アウトフィッター、警察、消防、海上保安庁、国土交通省や自治体、あるいはレスキューなどの有資格者の助言に代わるものではありません。

テキスト・写真など無断転載を禁じる

All Rights Reserved

JAPAN RIVER SUP ASSOCIATION

日本SUP振興会
日本SUP振興会