Cストローク

フォワードにクローズドフェイスドローを合わせて1つにしたもの。片側を漕ぐだけで真っ直ぐに進む事ができるので持ち替えるロスがない。

  1. サイドやや前方にブレードを入水させクローズドフェイスドロー(ノーズはパドル側へ振れる)。
  2. ブレードがノーズのレールにぶつかる直前でフォワードストロークに移行(ノーズは反対方向へ振れる)。
  3. ブレードが足元を過ぎたあたりから、上拳を親指が前を向くように捻ってブレードをオープンフェイス(パワーフェイスを斜め後ろ外側へ向け)にし、斜め後ろに水をプッシュしてフィニッシュ(ノーズが再度パドル側へ振れることで前方を向く)。

当ホームページ内のコンテンツは、筆者個人の見解又は意見に基づくものです。掲載のスキル、フィールド、装備、安全対策及びその他情報は、あくまで閲覧者の個人利用のために供されるもので、商用含めその他目的のためのものではありません。特定のスクールやガイドツアーや物品販売等の商業活動、特定の商品の購入に関する勧誘又は誘引するものではありません。アクティビティを実行する可否判断の目的で使用することは適切ではなく、特定のフィールド、環境、状況に関するいかなる勧告もしません。当ホームページの情報が、販売業者や、ガイド、アウトフィッター、警察、消防、海上保安庁、国土交通省や自治体、あるいはレスキューなどの有資格者の助言に代わるものではありません。

テキスト・写真など無断転載を禁じる

All Rights Reserved

JAPAN RIVER SUP ASSOCIATION

日本SUP振興会
日本SUP振興会